フランチャイズ加盟の長所は、事業経験者でなくとも、本部から経営ノウハウの指導が受けられ、未知の領域でも開業可能な事である。
個人で開業するのに比べ、資金や経験が少なくても事業を興しやすくなる。
金融機関から融資を受けるときも、本部のブランド力で信用が高まる。
事務処理を本部が任せられるケースの場合は、経営に専念する事が出きる。
仕入れにかんしての懸念も、本部のフォローがあれば、良質な製品や材料を落ち着いて仕入れる事が出きる。

フランチャイズビジネスの業種は多種多様にわたり、代表的なところではコンビニエンスストア等の小売業、ラーメン店、ファーストフード等の外食産業、不動産業、等が有る。
社団法人日本フランチャイズチェーン協会と云うフランチャイズビジネスの健全な発展を目的とした組織も実在している。

フランチャイズの加盟店は、直営店とはちがう。
事業者本部と加盟店は、同一のイメージのもとに事業を大展開するが、お互いに別の事業者で在り、共同経営の関係に成る。
加盟店は直営店とはちがい、トップダウンはないのだ。

フランチャイズビジネスをはじめる為には、まず初めは業種選びがポイントに成る。
それまでの経験を活かした業種にするのか、自身がもってる知識を活かせる業種にするのか、自身の個性に合った業種にするのか・・・・・・。
こうして業種を絞り込んだ中で、更に、その業績や経営内容、経営方針等を吟味する必要が有る。
勿論、契約するのに資金が必要に成るから、その資金が幾ら必要なのかも気付いておかなければならない。
開業後に落ち着いた経営をしていく為に重要な本部選びは、相当の情報による下調べで確実に行なおう。




[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ