お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

コンビニにとって、フランチャイズは一つの方程式であるためす。

そうなると、当然ながらインフラの整備、マニュアル化が徹底されている。
経営方針から掃除の仕方まで、店を経営する上で実践する活動の殆どがマニュアルに拠って定められている為、自身で一から作成する必要がないのである。
よって、独立起業を実践する上では1番簡単で気楽に実行出きるフランチャイズと云えるだろう。

また、フランチャイズ契約書は、事業者として、本部と契約を交わすものである。
事業者と事業者の間で結ばれた契約と云う事に成るから、消費者としての保護の扱いは一切合財ないのだ。
要するに、一旦契約書を交わしてしまったら、例え明くる日であろうが契約解除をしたいとおもっても「クーリングオフ制度」のようなものは無い為、取り返しがつかない。

現状独立起業を目指している人にとって、これは大きなビジネスチャンスと云えるだろう。
自身が目指す方向のビジネスで1番自身のスタイルと合う店がフランチャイズ大展開を行っていれば、なるべく積極的に売込みを行ってみるのも良いのじゃないだろうか。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ