お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズとして仕事をはじめる為には、事前に解説会に足を運び、本部から充分な解説を受ける事が肝心である。
そして、それで充分な承知が得られたならば、契約書を交わして、加盟店として正式に仕事が開始する。

フランチャイザー選びは、多種多様な媒体を活用して、どのようなフランチャイズチェーン本部があるかを気付く事から開始する。
日本フランチャイズチェーン協会本部を気付くための方法として、以下のようなものを挙げている。
1.新聞・雑誌、刊行物
2.ショー・フェア
3.インターネット
4.フランチャイザー主催の解説会
日経流通新聞では月に数回、フランチャイズ加盟店募集広告を特集している。

フランチャイズ加盟店は、直営店とはちがい、本部とは別の事業者として独立した経営体である。
フランチャイズ加盟店となっても、自営業者である。
経営能力と主体性は必要である。
フランチャイズ加盟は事業の成就を保障するものじゃないのだ。
事業者本部も、経営に適した人を充分な審査のうえで加盟させる責任が有る。

経験を積む事で、コンビニ経営のノウハウがわかり、これが自信につながり、そして開業の夢も果たせると云う有り難い制度を設けているコンビニもあるのである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ