お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズの契約を連結したケースの場合、ロイヤルティとして業績の一部をフランチャイズ本部に支出する必要が有る。
この額どうでは、フランチャイズが本当に儲かるのか? と云う疑惑が沸いて来るだろう。
では、現実にフランチャイズのロイヤルティはどのレベルなのか、と云う事にかんしてご解説する。

コンビニフランチャイズと云っても、コンビニの数だけ経営方法が有る。
まず初めは、どこのコンビニを選定するかを決定させる事からはじめなくてはならない。
売り上げや店舗数の少なくないコンビニが良いと云うのであれば「セブンイレブン」が有る。
セブンイレブンのケースの場合、土地と建物は自身で用意するタイプと、土地と建物も本部で用意してもらうタイプが有る。
こうする事で、用意しなければならない開業資金の金額や、開業後に本部に支出するロイヤルティの金額が変わってくるようである。

フランチャイズの業種を決定したら、候補の本部を何種類か選ぶ。
フランチャイズ本部を選択するのにはポイントが有る。
フランチャイズ本部への評価は、客観的に総合的に決断する事が重要である。
自身のもってるブランドイメージだけで決定させるのは良くないのだ。
ビジネスとして魅力があるか、加盟店の収益はどれくらいあるか、企業として信用性があるか等である。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ