お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法が有る。
一つ目は≪儲け≫に対して割合を設定する方法。
二つ目は≪売上≫に対して割合を設定する方法。
三つ目は割合を設けず一定の金額を支出する方法、と為ってる。
これらも契約に拠って変わってくる為、どれが言いと云う決断は自身であるるしかないのだ。
ただ、風潮はハッキリしている。

例を挙げると、一つ目の≪儲け≫に対しての割合と云う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズにおおくみられる。
その割合は、ざっくり40から70%と云われており、割と幅が広いものである。
50%前後であれば、相場から観てまずまず、と考慮して良いのかも知れない。

フランチャイズビジネスをはじめる為には、まず初めは業種選びがポイントに成る。
それまでの経験を活かした業種にするのか、自身がもってる知識を活かせる業種にするのか、自身の個性に合った業種にするのか・・・・・・。
こうして業種を絞り込んだ中で、更に、その業績や経営内容、経営方針等を吟味する必要が有る。
勿論、契約するのに資金が必要に成るから、その資金が幾ら必要なのかも気付いておかなければならない。
開業後に落ち着いた経営をしていく為に重要な本部選びは、相当の情報による下調べで確実に行なおう。




[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ