お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

コンビニフランチャイズと云っても、コンビニの数だけ経営方法が有る。
まず初めは、どこのコンビニを選定するかを決定させる事からはじめなくてはならない。
売り上げや店舗数の少なくないコンビニが良いと云うのであれば「セブンイレブン」が有る。
セブンイレブンのケースの場合、土地と建物は自身で用意するタイプと、土地と建物も本部で用意してもらうタイプが有る。
こうする事で、用意しなければならない開業資金の金額や、開業後に本部に支出するロイヤルティの金額が変わってくるようである。

まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法が有る。
一つ目は≪儲け≫に対して割合を設定する方法。
二つ目は≪売上≫に対して割合を設定する方法。
三つ目は割合を設けず一定の金額を支出する方法、と為ってる。
これらも契約に拠って変わってくる為、どれが言いと云う決断は自身であるるしかないのだ。
ただ、風潮はハッキリしている。

例を挙げると、一つ目の≪儲け≫に対しての割合と云う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズにおおくみられる。
その割合は、ざっくり40から70%と云われており、割と幅が広いものである。
50%前後であれば、相場から観てまずまず、と考慮して良いのかも知れない。

経験を積む事で、コンビニ経営のノウハウがわかり、これが自信につながり、そして開業の夢も果たせると云う有り難い制度を設けているコンビニもあるのである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ