お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを行ってる業者が1番おおく、適切活用されているのは、コンビニエンスストアだと云われている。
現実、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、am/pm、ポプラ、デイリーヤマザキと云ったコンビニの大手は殆どがフランチャイズ大展開を行っており、各地方に募集を行ってる。

フランチャイズ加盟の短所は、ロイヤルティの支払い義務が常にある事で、売上を全部自身のものには出きない事である。
本部と同一のイメージで事業をする為、独自の試行錯誤がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってくるのだ。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなる。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となる。

154社と云う数の出展社から、フランチャイズの現状にかんして情報収集してみてはどうだろうか。
この世界で活動するまでの流れ、苦労や達成感等等、現場からの生の声が、聴く事が出きる場となる事だろう。

サービス業であるため誠心誠意お客様に尽くすと云う精神は必須である。
後は当然ながら最低限の開店資金も必要である。
そして、継続していく熱意と根気は確実に備わっていなければならないだろう。
本当に必要なのは、それだけである。
これらさえもっていれば、明日からでも交渉のテーブルにつける筈である。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ