お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを行ってる業者が1番おおく、適切活用されているのは、コンビニエンスストアだと云われている。
現実、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、am/pm、ポプラ、デイリーヤマザキと云ったコンビニの大手は殆どがフランチャイズ大展開を行っており、各地方に募集を行ってる。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

これだけ相当のチェーン店を出すと云う事は、それだけ成就している事の証で在り、独立起業を目指す人にとって、このスターバックスのフランチャイズは途方もなく魅力的と云えるだろう。

アメリカ発のサービス業と云う事も在り、経営方針から接客スタイル、店舗の衛生状態、製品管理等ありとあらゆる項目がマニュアル化されている為、コーヒー及び接客業にかんする知識のない初心者でも問題なく運営が可能である。

どの本部と契約するにしても、開業前からの準備は勿論の事、落ち着いた経営をつづけていく為には、努力が必要となるようである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ