お探しの情報は見つかりましたか?

日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高共に右肩上がりである。
小売業や外食産業、サービス業等、街には多種多様なチェーン店を目にする事が出きる。
フランチャイズビジネスが社会に於いて果たす意義は大幅に為ってる。
フランチャイズに加盟する事で個人の事業参入が容易になり、雇用の拡大にもつながりた。

フランチャイズの大きな魅力はなんと云っても、独立開業のし易さである。
とっくに、運営に対するノウハウができあがってる為、それを指導してもらうだけで、同じ店が所有できると云う安心感が有る。
それに、既にたすう店舗を構えているカフェフランチャイズであれば、知名度も高い上に、フランチャイズ本部が宣伝協力等のサポートをしてくれる為、集客力もよく、個人で1からのスタートに比較したらおもったより開業し易いと云う長所が有る。

ローソンでは本部と店舗を連結する情報管理システムが在り、店舗運営に必要な情報を店舗に提供する事で万全のフォロー体制をとってる。
会計業務は本部が実践する為、店舗オーナーは経営に専念する事が出きる。
スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の実在もつよい味方である。
スーパーバイザーは、多種多様な情報分析をして、店舗への運営にかんする助言や指導を行ってくれる。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数がおおく、製品を落ち着いて仕入れる事が出きる。

ローソンでは全国各地で経営者解説会を開催している為、まず解説会に参加して、フランチャイズシステムの概要解説を受けよう。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ