お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズには、ガッツリと公に定められたシステムが実在する。
そのシステムを定義しているのは日本フランチャイズチェーン協会である。

その日本フランチャイズチェーン協会に於いて、フランチャイズとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標等の標識及び経営のノウハウを用いて、同一のイメージをもった事業を実践する権利を与え、その見返りに一定の対価を支出すると云う関係であるとされている。

コンビニフランチャイズと云っても、コンビニの数だけ経営方法が有る。
まず初めは、どこのコンビニを選定するかを決定させる事からはじめなくてはならない。
売り上げや店舗数の少なくないコンビニが良いと云うのであれば「セブンイレブン」が有る。
セブンイレブンのケースの場合、土地と建物は自身で用意するタイプと、土地と建物も本部で用意してもらうタイプが有る。
こうする事で、用意しなければならない開業資金の金額や、開業後に本部に支出するロイヤルティの金額が変わってくるようである。

フランチャイズシステムの、フランチャイジーにとっての長所は、開業が短期間で効率的に出きる事と、フランチャイザーのブランド力や経営ノウハウを活用出きる事、成就出きる確率が高くなる事等である。
本部のブランド力で競合店との競争力も在り、人材も集まりやすくなる。

どの本部と契約するにしても、開業前からの準備は勿論の事、落ち着いた経営をつづけていく為には、努力が必要となるようである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ