お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズシステムは、フランチャイズチェーンを実践する事業者(フランチャイザー)と、フランチャイザーに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を実践する。
フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、これ以外の標識の使用を認める。
フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導し、フランチャイジーはフランチャイザーに対価としてロイヤルティ等の契約金を支出す。

まず初めに断っておくが、フランチャイズのロイヤルティは均一じゃないのだ。
業界、会社、そして契約内容及びプランに拠って多種多様である。
である為、確実に何%と云う確実な記述は出きない。

勿論、相場と云うものは実在する。
その相場よりも大幅に下回ってるケースの場合は、契約を考え直したほうが良いのかも知れない。

契約上で収益予測が本部の義務に為ってるケースの場合や、本部が売上と収益を保証しているのであれば、本部側に責任が有る。
しかしながら、フランチャイズの加盟店は本部とは別の、独立した事業者であると云う認識は失念してはいけない。
契約上で経営指導を受ける権利があっても、経営の責任は自己責任であると云う事である。
契約の内容をガッツリと把握する事が肝心である。

また、コーヒー店のフランチャイズは≪スターバックス≫以外にも沢山有る。
メインの例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェ等である。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ