お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーン店を開業するまでのプロセスは、一つ一つガッツリと時間をかけて承知しながら進めていく事が肝心である。

まず、フランチャイズにかんして学ぼう。
インターネットには多種多様な検索ホームページや情報ホームページが有る。
フランチャイズの展示会や、フランチャイザーが主催する解説会に参加するのも良いだろう。
どの業種や業界がこれから成長し、事業として成就できそうかの展望も見定めよう。

把握できやすく云うと、Aと云う地域にある★×と云う店を、Xと云う人がBと云う地域で自身たちも★×と同じ店を経営したいと云うケースの場合、★×の代表に契約を持ちかけ、★×の店の名称や経営方法、製品等を使わせて貰って全く同じような店を経営しても良いよ、その代わりお金を払ってね、と云う契約を交わす事である。

フランチャイズは、経営者が、本部であるフランチャイザーと契約し、加盟金を支出する事で加盟店(フランチャイジー)として店舗をもつ事が出きる。
加盟店は、本部からの指導を基に本部と同じスタイルの店を経営していくのだ。
本部としては、加盟者の資本や労働力を活用する事より、事業を発展させていく事が出きるから、よりいっぱい事業の大展開につながる。
加盟店としては、店舗の知名度や、経営のノウハウを借りて、自身の店が所有できると云う事に成るから、ゼロからのスタートに比較したら、おもったより有利に経営が出きるのである。

また、コーヒー店のフランチャイズは≪スターバックス≫以外にも沢山有る。
メインの例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェ等である。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ