お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズに少なくない飲食業であるが、中でも、注目されつづけているのがラーメンフランチャイズである。
子供からお年寄りまで、いっぱい年齢層が気楽に食される外食産業として、ラーメン市場は不動の地位を築いている。
ラーメン好きの日本人のお陰で、ラーメンフランチャイズは年々成長しつづけているのである。

フランチャイズ加盟の短所は、ロイヤルティの支払い義務が常にある事で、売上を全部自身のものには出きない事である。
本部と同一のイメージで事業をする為、独自の試行錯誤がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってくるのだ。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなる。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となる。

本屋、カー用品店、学習塾等もそうである。
業種で分別するとしたらサービス業や小売店、飲食業と云った所がフランチャイズチェーンと云うようである。

加盟金の返還は、いずれのフランチャイズチェーンも返還しない事で合致しているようである。
しかしながら、加盟金の返還を巡る争いは決して少なくはないのだ。
裁判に為ってるケースも有る。
加盟金の金額が妥当かどうかは、なかなかどうして決断にむずかしいところが有る。
加盟店になろうとする側がどのような価値観で本部を選択するかと云う事に委ねれる。
高い加盟金を支出したとしても、加盟店側が充分に本部からの恩恵を受ける事ができ、それで承知しているのであれば妥当と云えるのだろう。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ