お探しの情報は見つかりましたか?

現代では、フランチャイズの代名詞的実在に為ってるコンビニエンスストア。
フランチャイズにかんして良く興味ない人にとっては、フランチャイズ経営=コンビニ経営と思われている人も居るかも知れない。
とは言え、街のあちこちは勿論、町外れに行ってもコンビニを見つける事が出きる時代である。
独立開業をしたい人にとって、コンビニフランチャイズはつよい味方になってくれているのは確かな様である。

フランチャイズ料を性質で分けるとすると、商標等の使用料金とノウハウをあたえる事への見返りの料金に分類される。
一部では、更に立地選定料、開店準備金、開店指導料等多種多様な名目で別個の金銭徴収を実践する事業本部も有る。

もしも、ラーメンフランチャイズに加盟して自身の店を開業してみたいと云う意欲にかられているのであれば、まず初めはフランチャイズにかんしてよく気付く必要が有る。
その店の「味」を気付く事は勿論であるが、それ以外にも比較する要素は何種類か有る。
まず初めは、開業するまでの研修制度はどう為ってるかである。
其れから、開業後のサポート体制はどう為ってるのか。
フランチャイズ本部としての経営方針はどのようなものなのか。

また、コーヒー店のフランチャイズは≪スターバックス≫以外にも沢山有る。
メインの例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェ等である。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ