お探しの情報は見つかりましたか?

日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高共に右肩上がりである。
小売業や外食産業、サービス業等、街には多種多様なチェーン店を目にする事が出きる。
フランチャイズビジネスが社会に於いて果たす意義は大幅に為ってる。
フランチャイズに加盟する事で個人の事業参入が容易になり、雇用の拡大にもつながりた。

コンビニにとって、フランチャイズは一つの方程式であるためす。

そうなると、当然ながらインフラの整備、マニュアル化が徹底されている。
経営方針から掃除の仕方まで、店を経営する上で実践する活動の殆どがマニュアルに拠って定められている為、自身で一から作成する必要がないのである。
よって、独立起業を実践する上では1番簡単で気楽に実行出きるフランチャイズと云えるだろう。

本屋、カー用品店、学習塾等もそうである。
業種で分別するとしたらサービス業や小売店、飲食業と云った所がフランチャイズチェーンと云うようである。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ