お探しの情報は見つかりましたか?

コーヒー店のフランチャイズで1番超有名なのは、何人もが気付いているであろう≪スターバックス≫である。

≪スタバ≫の愛称で親しまれ、日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこの店も、フランチャイズによるチェーン大展開をなるべく積極的に行ってる。

クリーニング店のフランチャイズによる長所は、そのようなリピーターの多さに有る。
リピーターが少なくないと云う事は、近くに居住している人が活用すると云う事である。
つまり、地域密着型の経営が必然的に実行される。
そして、地域密着型のケースの場合、立地条件で客の入りは大幅に変化する。
ここさえ間違わなければ、落ち着いた業績が確保出きるのである。

契約上で収益予測が本部の義務に為ってるケースの場合や、本部が売上と収益を保証しているのであれば、本部側に責任が有る。
しかしながら、フランチャイズの加盟店は本部とは別の、独立した事業者であると云う認識は失念してはいけない。
契約上で経営指導を受ける権利があっても、経営の責任は自己責任であると云う事である。
契約の内容をガッツリと把握する事が肝心である。

サービス業であるため誠心誠意お客様に尽くすと云う精神は必須である。
後は当然ながら最低限の開店資金も必要である。
そして、継続していく熱意と根気は確実に備わっていなければならないだろう。
本当に必要なのは、それだけである。
これらさえもっていれば、明日からでも交渉のテーブルにつける筈である。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ