お探しの情報は見つかりましたか?

日本でフランチャイズビジネスを繰り広げている会社が、フランチャイズシステムの健全な発展を図る目的の元に「社団法人日本フランチャイズチェーン協会」を設立した。
この日本フランチャイズチェーン協会が設立して30年以上が経つと云うから、なかなかどうしての歴史をもった協会である。
この協会ではフランチャイズに向けた多種多様な活動をしている。

フランチャイズチェーンと云っても、事業の成就と大きな収益を保証された訳でもないのだ。
本部が勧誘時に出す数字は、フランチャイズチェーン拡大のための勧誘行為の為に出している数字と云う事もありえる。
本部側の勧誘時の解説不足と加盟店側の契約観念の乏しさがトラブルを生じさせる原因と為ってる。

飲食店にとっては「売れる場所」と云うものが有る。
「どのような場所でもおいしければ繁盛する」と云う事はないのだ。
地域の客層、商圏人口、周辺地域の状況等をマーケティングして成就する確率の高い立地を選択する必要が有る。
マーケティング力のあるラーメン・フランチャイズチェーンに加盟する事で、適切な立地での店舗確保や客層に応じたメニューを決定する事が出きるだろう。

店の質は従業員の質で決定する。
質の良い従業員を揃える事は「売れるための条件」である。
何者がやってもおいしければ繁盛するわけでもないのだ。
従業員の力量と感じの良さで、店の回転やお客さんの店へのイメージがちがってくるのだ。
ラーメン・フランチャイズチェーンのブランド力があれば、人材も集まりやすくなる。

フランチャイズとはこう云った、相互間の利益を結びついた経営方法として、広まってる。
ただしフランチャイズには法律的な定義は無い為、店舗運営委託、もしくは代理店、ボランタリー・チェーンと呼称されるものもフランチャイズのシステムとされているようである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ