お探しの情報は見つかりましたか?

独立して自身の店を持ちたい!と云う夢を抱いている方の中には、「カフェ」経営が熱望と云う方も居る事だろう。
近頃では、街のあちこちでカフェ店を見掛けるように成った。
その中のおおくは、個人経営の店よりも、カフェフランチャイズの種類と云ったところだろうか。

フランチャイズシステムのフランチャイザーにとっての長所は、直営店を開設するよりも多くはない資金で店舗数の拡大をするのが可能な事と、優秀な人材を短期間で集めるのが可能な事である。
店舗の出店に必要な資金を加盟店に払わせる事ができ、事業拡大資金の節約に成る。
従業員の雇用もオーナーに任せる事ができ、時間とコストの削減に成る。
投下資金も短期間で回収出きると云う長所が有る。

フランチャイズビジネスの課題としては、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示である。
フランチャイザーの経営状況や契約条件をフランチャイジーに情報開示する事が法律で義務づけられている。
現実には、解説責任を果たしていないフランチャイザーも実在する。
経営指導を充分に実践しないフランチャイザーも実在する。
フランチャイザーを選定する時には、フランチャイズ契約の解説を充分に受け、充分に把握した上で選定するようにしよう。

フランチャイズチェーンの加盟店に成るにはフランチャイズシステムへの把握と同時に、経営知識も必要である。
疑う余地もなく、フランチャイザーからのサポートを受けられ、経営の経験がない方でも事業をはじめる事は出きるが、独立した事業者であると云う認識が必要である。
フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であって、経営の自己責任が有る。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ