お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズと云う言葉は良く耳にする言葉である。
フランチャイズとは、どういうものなのだろうか。

フランチャイズとは、事業の大展開の一つの方式である。
フランチャイズ事業者本部が事業を大展開する為に加盟店と契約をして、一定の地域での独占販売権をあたえて事業を拡大していく方式である。
また、フランチャイズとは、フランチャイズ事業者本部(フランチャイザー)とフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)との契約を取り交わした共同で事業を実践する関係の事でも有る。
フランチャイズ契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が生起する。
事業者は加盟店にサポートをする義務が在り、加盟店は事業者から受けるサポートの見返りとして、加盟金やロイヤルティを支出する義務が有る。

フランチャイズビジネスの業種は多種多様にわたり、代表的なところではコンビニエンスストア等の小売業、ラーメン店、ファーストフード等の外食産業、不動産業、等が有る。
社団法人日本フランチャイズチェーン協会と云うフランチャイズビジネスの健全な発展を目的とした組織も実在している。

ローソンでは本部と店舗を連結する情報管理システムが在り、店舗運営に必要な情報を店舗に提供する事で万全のフォロー体制をとってる。
会計業務は本部が実践する為、店舗オーナーは経営に専念する事が出きる。
スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の実在もつよい味方である。
スーパーバイザーは、多種多様な情報分析をして、店舗への運営にかんする助言や指導を行ってくれる。

どの本部と契約するにしても、開業前からの準備は勿論の事、落ち着いた経営をつづけていく為には、努力が必要となるようである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ