お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズビジネスをはじめて、自身の店を持ちたい!と云う夢を抱いている人もいる事だろう。
タダでは店は所有できないから、それなりの資金を用意してからビジネス開始となる。
せっかく貯めた資金をムダしてしまわないように、フランチャイズチェーンの本部選びは冷静に行ないたいものである。

フランチャイズチェーンと云っても、事業の成就と大きな収益を保証された訳でもないのだ。
本部が勧誘時に出す数字は、フランチャイズチェーン拡大のための勧誘行為の為に出している数字と云う事もありえる。
本部側の勧誘時の解説不足と加盟店側の契約観念の乏しさがトラブルを生じさせる原因と為ってる。

つまり、フランチャイズは開店に必要な資金を自身で投下する必要があるのである。
開店する為の費用は職種、店の規模に拠って大小有るが、そこまで莫大な費用が必要なケースは殆どないのだ。
例を挙げると、1番フランチャイズが盛んなコンビニエンスストア等は、200から300万あれば開店出きるのが一般的である。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数がおおく、製品を落ち着いて仕入れる事が出きる。

ローソンでは全国各地で経営者解説会を開催している為、まず解説会に参加して、フランチャイズシステムの概要解説を受けよう。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ