お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを行ってる業者が1番おおく、適切活用されているのは、コンビニエンスストアだと云われている。
現実、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、am/pm、ポプラ、デイリーヤマザキと云ったコンビニの大手は殆どがフランチャイズ大展開を行っており、各地方に募集を行ってる。

例を挙げると、自遊空間、まんが喫茶ほっとStation、コミックバスター、まんが喫茶息抜き等と云った超有名な複合カフェも、インターネット等でなるべく積極的にフランチャイズ加盟店を募集している。
今、フランチャイズ業界で1番熱い視線を注がれているのが複合カフェであるためす。

一見、本店と支店の関係では? と思われがちであるが、支店(レギュラーチェーン)が同一の会社が自社で店舗を開設していくのに対し、フランチャイズチェーンは完璧な独立採算の店として開設する。

つまり、フランチャイズとは、本部の傘下ではなく、契約に基づいた共同事業を実践すると云う事であるためす。

フランチャイズチェーンの加盟店に成るにはフランチャイズシステムへの把握と同時に、経営知識も必要である。
疑う余地もなく、フランチャイザーからのサポートを受けられ、経営の経験がない方でも事業をはじめる事は出きるが、独立した事業者であると云う認識が必要である。
フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であって、経営の自己責任が有る。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ