お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

フランチャイザー選びは、多種多様な媒体を活用して、どのようなフランチャイズチェーン本部があるかを気付く事から開始する。
日本フランチャイズチェーン協会本部を気付くための方法として、以下のようなものを挙げている。
1.新聞・雑誌、刊行物
2.ショー・フェア
3.インターネット
4.フランチャイザー主催の解説会
日経流通新聞では月に数回、フランチャイズ加盟店募集広告を特集している。

フランチャイズの加盟店は、直営店とはちがう。
事業者本部と加盟店は、同一のイメージのもとに事業を大展開するが、お互いに別の事業者で在り、共同経営の関係に成る。
加盟店は直営店とはちがい、トップダウンはないのだ。

また、ラーメン店にとっての懸念材料は、競合店との兼ね合いものである。
競合店との差別化もはからなくてはならない。
開業までにするべき事はたくさん有る。
これらの開業から実務に至るまでのプロセスと、開業後の経営も、フランチャイズチェーンに加盟する事で効率的に実践する事が出きる。
落ち着いた経営をする為には、経営を学習し、フランチャイザーのブランド力とマーケティング力をフル活用する事である。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ