お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズは、外部資本を活用して、短期間に相当のチェーンストア店舗の大展開を進めて足を運ぶケースが少なくない為、フランチャイズチェーンと呼称されている。

ここでは、そのフランチャイズチェーンを具体的に行ってる企業はどういった所なのか、どのようなフランチャイズがあるのかと云う例を挙げていくのだ。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの任務は、3つ有る。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をする事である。
二つ目は、製品の発注をしたり、店の販売促進を実践する事である。
三つ目は、売上と経費の管理である。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修が有る。

フランチャイズビジネスの課題としては、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示である。
フランチャイザーの経営状況や契約条件をフランチャイジーに情報開示する事が法律で義務づけられている。
現実には、解説責任を果たしていないフランチャイザーも実在する。
経営指導を充分に実践しないフランチャイザーも実在する。
フランチャイザーを選定する時には、フランチャイズ契約の解説を充分に受け、充分に把握した上で選定するようにしよう。

また、具体的な方向が決定したならば、開業資金として必要な金額がそろえられるのはどこか?と云う検索も出きる。
そして、何種類か候補が上がったならば、資料を請求する事も出きる。
解説会やセミナーにかんする情報も載ってるホームページも有る。
フランチャイズ情報を幅広く手に入れる事が成就への第1歩であるためではないだろうか。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ