お探しの情報は見つかりましたか?

街には軒並み増大するコンビニエンスストアや外食産業の店。
これらの店舗の名前もしくは名称と同時によく耳にするようになったのが「フランチャイズ」と云う言葉じゃないだろうか?
フランチャイズとは何か御存知であろうか?
よく耳にはする言葉だけれど、意味はよく分かる事ができないと云う方も少なくないとおもう。

コンビニにとって、フランチャイズは一つの方程式であるためす。

そうなると、当然ながらインフラの整備、マニュアル化が徹底されている。
経営方針から掃除の仕方まで、店を経営する上で実践する活動の殆どがマニュアルに拠って定められている為、自身で一から作成する必要がないのである。
よって、独立起業を実践する上では1番簡単で気楽に実行出きるフランチャイズと云えるだろう。

フランチャイズビジネスの課題としては、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示である。
フランチャイザーの経営状況や契約条件をフランチャイジーに情報開示する事が法律で義務づけられている。
現実には、解説責任を果たしていないフランチャイザーも実在する。
経営指導を充分に実践しないフランチャイザーも実在する。
フランチャイザーを選定する時には、フランチャイズ契約の解説を充分に受け、充分に把握した上で選定するようにしよう。

これだけの額で一つの店のオーナーになれるのが、フランチャイズの最大最高の魅力と云えるだろう。
元々のブランドイメージが確立されている為、立地条件等によほどおかしなところがない限りは一定以上の集客も見込める為、おもったより楽に経営出きるとおもわれる。



カテゴリ
タグ