お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

フランチャイズシステムのフランチャイザーにとっての長所は、直営店を開設するよりも多くはない資金で店舗数の拡大をするのが可能な事と、優秀な人材を短期間で集めるのが可能な事である。
店舗の出店に必要な資金を加盟店に払わせる事ができ、事業拡大資金の節約に成る。
従業員の雇用もオーナーに任せる事ができ、時間とコストの削減に成る。
投下資金も短期間で回収出きると云う長所が有る。

また反対に、開業資金として7500万円が必要となる本部も見つかった。
業種は子供からお年寄りと云ういっぱい層で必要とされる文房具を扱う店である。
消費量が少なくない反面、通信販売での普及率が高くなって来ている時代に、やっぱり必要とされる街の文房具屋はそこに足を運べばなんでもそろう店でなくてはならない。
その為に必要な陳列用のじゅう器、製品の在庫代等も包括した金額が開業資金として必要とされるようである。

サービス業であるため誠心誠意お客様に尽くすと云う精神は必須である。
後は当然ながら最低限の開店資金も必要である。
そして、継続していく熱意と根気は確実に備わっていなければならないだろう。
本当に必要なのは、それだけである。
これらさえもっていれば、明日からでも交渉のテーブルにつける筈である。



カテゴリ
タグ