お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

フランチャイズの大きな魅力はなんと云っても、独立開業のし易さである。
とっくに、運営に対するノウハウができあがってる為、それを指導してもらうだけで、同じ店が所有できると云う安心感が有る。
それに、既にたすう店舗を構えているカフェフランチャイズであれば、知名度も高い上に、フランチャイズ本部が宣伝協力等のサポートをしてくれる為、集客力もよく、個人で1からのスタートに比較したらおもったより開業し易いと云う長所が有る。

フランチャイズシステムの、フランチャイジーにとっての長所は、開業が短期間で効率的に出きる事と、フランチャイザーのブランド力や経営ノウハウを活用出きる事、成就出きる確率が高くなる事等である。
本部のブランド力で競合店との競争力も在り、人材も集まりやすくなる。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数がおおく、製品を落ち着いて仕入れる事が出きる。

ローソンでは全国各地で経営者解説会を開催している為、まず解説会に参加して、フランチャイズシステムの概要解説を受けよう。



カテゴリ
タグ