お探しの情報は見つかりましたか?

独立起業を目指す人達にとって、フランチャイズはまさに理想の経営形態と云えるだろう。
フランチャイズで一旗上げたい、と云う方は途方もなく大勢居るのじゃないだろうか。
そのような方たちにとって、フランチャイズはどのようなものなのか、どのようなフランチャイズがあるのか、どうすれば申し込めるのか、等と云った疑惑はつきものである。
そう云った方たちの為に、フランチャイズの資料を入手する方法をお教えする。

フランチャイズチェーンと云っても、事業の成就と大きな収益を保証された訳でもないのだ。
本部が勧誘時に出す数字は、フランチャイズチェーン拡大のための勧誘行為の為に出している数字と云う事もありえる。
本部側の勧誘時の解説不足と加盟店側の契約観念の乏しさがトラブルを生じさせる原因と為ってる。

しかしながら、フランチャイズをはじめるに当たり、それ相当の開業資金が必要に成る事を失念してはいけない。
考えように拠っては、それだけの資金があれば自身のオリジナルカフェが経営出きるのも確かである。
それに、開業後も、カフェフランチャイズのケースの場合は、本部にロイヤルティを払い続けなければならない。
経営が苦しくなったからと云って、勝手にメニューの価格を変更する事も出きないから、常に落ち着いた経営が求めれる。

点検項目としては、
・魅力を実感する会社である
・独自性が在り、競合他社との差別化が出きている
・革新性がある
・世の中で受け入れられている業種である
・これからの成長が見込める
・既存店の現実の売上が良い
・本部社員のマナーが良く信用出きる
等が挙げれる。

本部を選択したら、本部にアプローチをして、面接や審査を受ける事に成る。
以降のプロセスとしては、加盟店訪問、物件取得・立地調査、事業計画書作成等の手順になり、契約を交わする。
契約を交わしたら、研修を受け、店舗の内装工事とオープン準備をし、そして、晴れてオープンとなる。



カテゴリ
タグ