お探しの情報は見つかりましたか?

ラーメン業界は途方もなく競争が激しく、熱い市場である。
昔から、飲食業界では「粉屋(麺類の職種)は儲かる」と云われてきた。
ラーメンは安い原価で商売をする事が出きる。
ラーメンの粗収益(売上から売上原価を差し引いた利益)は高い為、当たれば大幅に儲かる。

フランチャイズ契約書の特徴点として、加盟店であれば内容が全部同一の契約書が使用される。
と云う事は、もしも、自身が承知出きない部分があったとしても、そこだけを変更してもらえるわけにはいかないと云う事である。
承知出きない部分を妥協するか、その契約は諦めるかと云う選定になってくるのだ。
しかしながら、妥協して契約してしまった後に、その事でトラブルが生起したとしたら、自己責任と云う事に成る。
そう云う意味でも、契約には冷静に成る事が肝心である。

本屋、カー用品店、学習塾等もそうである。
業種で分別するとしたらサービス業や小売店、飲食業と云った所がフランチャイズチェーンと云うようである。

また、ラーメン店にとっての懸念材料は、競合店との兼ね合いものである。
競合店との差別化もはからなくてはならない。
開業までにするべき事はたくさん有る。
これらの開業から実務に至るまでのプロセスと、開業後の経営も、フランチャイズチェーンに加盟する事で効率的に実践する事が出きる。
落ち着いた経営をする為には、経営を学習し、フランチャイザーのブランド力とマーケティング力をフル活用する事である。



カテゴリ
タグ