お探しの情報は見つかりましたか?

日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高共に右肩上がりである。
小売業や外食産業、サービス業等、街には多種多様なチェーン店を目にする事が出きる。
フランチャイズビジネスが社会に於いて果たす意義は大幅に為ってる。
フランチャイズに加盟する事で個人の事業参入が容易になり、雇用の拡大にもつながりた。

フランチャイズ加盟の短所は、ロイヤルティの支払い義務が常にある事で、売上を全部自身のものには出きない事である。
本部と同一のイメージで事業をする為、独自の試行錯誤がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってくるのだ。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなる。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となる。

また反対に、開業資金として7500万円が必要となる本部も見つかった。
業種は子供からお年寄りと云ういっぱい層で必要とされる文房具を扱う店である。
消費量が少なくない反面、通信販売での普及率が高くなって来ている時代に、やっぱり必要とされる街の文房具屋はそこに足を運べばなんでもそろう店でなくてはならない。
その為に必要な陳列用のじゅう器、製品の在庫代等も包括した金額が開業資金として必要とされるようである。

フランチャイズチェーンの加盟店に成るにはフランチャイズシステムへの把握と同時に、経営知識も必要である。
疑う余地もなく、フランチャイザーからのサポートを受けられ、経営の経験がない方でも事業をはじめる事は出きるが、独立した事業者であると云う認識が必要である。
フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であって、経営の自己責任が有る。



カテゴリ
タグ