お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズシステムは、フランチャイズチェーンを実践する事業者(フランチャイザー)と、フランチャイザーに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を実践する。
フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、これ以外の標識の使用を認める。
フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導し、フランチャイジーはフランチャイザーに対価としてロイヤルティ等の契約金を支出す。

近頃ではよく「コンビニエンスストアの経営者募集」の文字の入った新聞広告を目にする事が有る。
その広告に目を通してみると「フランチャイズ」の文字が載ってる。
フランチャイズとは、簡単に云うと、「加盟店」に属する店舗経営と云う事に成るだろうか。

まず、フランチャイズをはじめようとする人にとって欲しい情報は、どのような業種が在り、具体的にどのような店が所有できるのかと云う内容である。
個々に拠って、お考えの経営方法は多種多様だろう。
個人でやろうとしているのか、法人でやろうとしているのか、また、自身の家でやりたいのか、サイドビジネスとしてやりたいのか・・・・・・これらの具体的な内容で比較して自身にピッタリのフランチャイズを検索する事も出きる。

フランチャイズとはこう云った、相互間の利益を結びついた経営方法として、広まってる。
ただしフランチャイズには法律的な定義は無い為、店舗運営委託、もしくは代理店、ボランタリー・チェーンと呼称されるものもフランチャイズのシステムとされているようである。



カテゴリ
タグ