お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

個人事業では多くはない期間で客から信用を得る事はむずかしいものであるが、フランチャイズ本部のブランド力や経営ノウハウを活用して信用性を短期間で得るのが容易に成る。
本部のもってるオンライン等の近代的なシステムを活用する事により、効率的な手法を用いてスマートなビジネスを実践する事が多くはない資金でも可能に成る。
また、フランチャイズビジネスが拡大する事で、日本全体の経済の活発化にもつながる。
消費者側にとっても、ブランド力と話のネタ性、ブランドの信用性により、購買欲が拡大し、景気のアップにもつながる。

飲食店のフランチャイズは、途方もなく相当の店が行ってる。
例を挙げると、ガスト、ジョナサン、ジョイフル、デニーズ、ロイヤルホスト、驚嘆ドンキー、カレーハウスCoCo壱番屋、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、モスバーガー、ほっかほっか亭・・・・・・・・・・・・挙げていたらキリがないのだ。
つまり、全国にチェーン繰り広げているメインの飲食店は殆どフランチャイズチェーン大展開を行ってるのである。

点検項目としては、
・魅力を実感する会社である
・独自性が在り、競合他社との差別化が出きている
・革新性がある
・世の中で受け入れられている業種である
・これからの成長が見込める
・既存店の現実の売上が良い
・本部社員のマナーが良く信用出きる
等が挙げれる。

本部を選択したら、本部にアプローチをして、面接や審査を受ける事に成る。
以降のプロセスとしては、加盟店訪問、物件取得・立地調査、事業計画書作成等の手順になり、契約を交わする。
契約を交わしたら、研修を受け、店舗の内装工事とオープン準備をし、そして、晴れてオープンとなる。



カテゴリ
タグ