お探しの情報は見つかりましたか?

社団法人日本フランチャイズチェーン協会(Japan Franchise Association = JFA)は1972年にフランチャイズシステムの健全な発展を図る事を目的に設立された公益法人である。
フランチャイズチェーン協会に入会しているのは、日本の代表的なフランチャイザーやフランチャイズビジネスに関心をもつ企業である。
日本フランチャイズチェーン協会はフランチャイズシステムにかんする教育研修や調査調査を行ってる。
日本フランチャイズチェーン協会は、加盟店になろうとする方に対して、本部を気付く方法や本部の選び方等情報をホームページ上にて提供している。

フランチャイザー選びは、多種多様な媒体を活用して、どのようなフランチャイズチェーン本部があるかを気付く事から開始する。
日本フランチャイズチェーン協会本部を気付くための方法として、以下のようなものを挙げている。
1.新聞・雑誌、刊行物
2.ショー・フェア
3.インターネット
4.フランチャイザー主催の解説会
日経流通新聞では月に数回、フランチャイズ加盟店募集広告を特集している。

また反対に、開業資金として7500万円が必要となる本部も見つかった。
業種は子供からお年寄りと云ういっぱい層で必要とされる文房具を扱う店である。
消費量が少なくない反面、通信販売での普及率が高くなって来ている時代に、やっぱり必要とされる街の文房具屋はそこに足を運べばなんでもそろう店でなくてはならない。
その為に必要な陳列用のじゅう器、製品の在庫代等も包括した金額が開業資金として必要とされるようである。

また、ラーメン店にとっての懸念材料は、競合店との兼ね合いものである。
競合店との差別化もはからなくてはならない。
開業までにするべき事はたくさん有る。
これらの開業から実務に至るまでのプロセスと、開業後の経営も、フランチャイズチェーンに加盟する事で効率的に実践する事が出きる。
落ち着いた経営をする為には、経営を学習し、フランチャイザーのブランド力とマーケティング力をフル活用する事である。



カテゴリ
タグ