お探しの情報は見つかりましたか?

企業への終身雇用が当たり前で紛失した現代、サラリーマンとして稼いだお金を基に独立開業する人も増大している。
現実、フランチャイズビジネスへの関心も高まり、フランチャイズ情報も量が途方もなく増大している。

世界初のフランチャイズは、ケンタッキーフライドチキンだと云われている。
既に日本でもお馴染みの店である。

基本的にフランチャイズチェーンは、コンビニエンスストア等の小売業や、ラーメン屋やファーストフード店等の外食産業が少なくないとされている。

例を挙げると、セブンイレブンやローソン、ガストやジョナサン、モスバーガーと云った店は全部フランチャイズチェーンである。

一見、本店と支店の関係では? と思われがちであるが、支店(レギュラーチェーン)が同一の会社が自社で店舗を開設していくのに対し、フランチャイズチェーンは完璧な独立採算の店として開設する。

つまり、フランチャイズとは、本部の傘下ではなく、契約に基づいた共同事業を実践すると云う事であるためす。

他にも、「フランチャイズ経営士」と云う資格取得に対する講座等、が大展開されており、フランチャイズに対する意識を高める活動が熱心に取り組まれている。
日本フランチャイズチェーン協会から、フランチャイズのスペシャリストとなる情報を仕入れてみてはどうだろうか。



カテゴリ
タグ