お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズで独立起業を目指すケースの場合、どう云ったフランチャイズがあるのかと云うのがまず問題となってくるだろう。
そして次に、どう云ったフランチャイズなら自身が成就出きるかと云う懸念がでてくるのじゃないだろうか。
自身にはこれと云った成果や専門の知識がないからと云う理由で、独立したくても出きないと云う人が数おおくいるかとおもう。
そのような人達にお勧め出きるのが、飲食店のフランチャイズである。

つまり、ウチと全く同じ店を出しても良いし、援助もするから、その代わり売り上げの一部を支出して欲しい、と云うシステムである。

これは本部-支部の上下関係とはちがい、共同事業である為、そこに公的な上下関係はないのだ。
更に、共同経営でもない為、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はおのおの独立した店であると云う事に成る。
ここが大きなポイントである。

加盟金は事業本部に拠って、途方もなくのばらつきが在り、その決定方法は一定していないと云える。
1970年以前に成立した日本式フランチャイズの加盟金は極めて低い風潮に在り、2000年前後に加盟を開始したフランチャイズの加盟金は高い風潮に有る。

また、具体的な方向が決定したならば、開業資金として必要な金額がそろえられるのはどこか?と云う検索も出きる。
そして、何種類か候補が上がったならば、資料を請求する事も出きる。
解説会やセミナーにかんする情報も載ってるホームページも有る。
フランチャイズ情報を幅広く手に入れる事が成就への第1歩であるためではないだろうか。



カテゴリ
タグ