お探しの情報は見つかりましたか?

ラーメン業界は途方もなく競争が激しく、熱い市場である。
昔から、飲食業界では「粉屋(麺類の職種)は儲かる」と云われてきた。
ラーメンは安い原価で商売をする事が出きる。
ラーメンの粗収益(売上から売上原価を差し引いた利益)は高い為、当たれば大幅に儲かる。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

契約上で収益予測が本部の義務に為ってるケースの場合や、本部が売上と収益を保証しているのであれば、本部側に責任が有る。
しかしながら、フランチャイズの加盟店は本部とは別の、独立した事業者であると云う認識は失念してはいけない。
契約上で経営指導を受ける権利があっても、経営の責任は自己責任であると云う事である。
契約の内容をガッツリと把握する事が肝心である。

フランチャイズ加盟の成就の条件とは、本部がガッツリした経営体制である事である。
経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟しても、充分な指導が受けられなければ経営は破綻しかねない。
また、過剰出店をしているチェーンに加盟すると、同一チェーンで共食いを招くケースが有る。



カテゴリ
タグ