お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの任務は、3つ有る。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をする事である。
二つ目は、製品の発注をしたり、店の販売促進を実践する事である。
三つ目は、売上と経費の管理である。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修が有る。

しかしながら、フランチャイズをはじめるに当たり、それ相当の開業資金が必要に成る事を失念してはいけない。
考えように拠っては、それだけの資金があれば自身のオリジナルカフェが経営出きるのも確かである。
それに、開業後も、カフェフランチャイズのケースの場合は、本部にロイヤルティを払い続けなければならない。
経営が苦しくなったからと云って、勝手にメニューの価格を変更する事も出きないから、常に落ち着いた経営が求めれる。

これだけの額で一つの店のオーナーになれるのが、フランチャイズの最大最高の魅力と云えるだろう。
元々のブランドイメージが確立されている為、立地条件等によほどおかしなところがない限りは一定以上の集客も見込める為、おもったより楽に経営出きるとおもわれる。



カテゴリ
タグ