お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズでビジネスをはじめようとお考えの方にとって、どの本部とフランチャイズ契約を交わすのかが大きなポイントに成る。
フランチャイズの本部にかんして入念に下調べをする事は勿論の事、フランチャイズ契約にかんするあるレベルの準備は必要である。
その大きな一歩が開業資金と云う事に成る。

フランチャイズ加盟の短所は、ロイヤルティの支払い義務が常にある事で、売上を全部自身のものには出きない事である。
本部と同一のイメージで事業をする為、独自の試行錯誤がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってくるのだ。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなる。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となる。

まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法が有る。
一つ目は≪儲け≫に対して割合を設定する方法。
二つ目は≪売上≫に対して割合を設定する方法。
三つ目は割合を設けず一定の金額を支出する方法、と為ってる。
これらも契約に拠って変わってくる為、どれが言いと云う決断は自身であるるしかないのだ。
ただ、風潮はハッキリしている。

例を挙げると、一つ目の≪儲け≫に対しての割合と云う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズにおおくみられる。
その割合は、ざっくり40から70%と云われており、割と幅が広いものである。
50%前後であれば、相場から観てまずまず、と考慮して良いのかも知れない。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



カテゴリ
タグ