お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

把握できやすく云うと、Aと云う地域にある★×と云う店を、Xと云う人がBと云う地域で自身たちも★×と同じ店を経営したいと云うケースの場合、★×の代表に契約を持ちかけ、★×の店の名称や経営方法、製品等を使わせて貰って全く同じような店を経営しても良いよ、その代わりお金を払ってね、と云う契約を交わす事である。

ローソンでは本部と店舗を連結する情報管理システムが在り、店舗運営に必要な情報を店舗に提供する事で万全のフォロー体制をとってる。
会計業務は本部が実践する為、店舗オーナーは経営に専念する事が出きる。
スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の実在もつよい味方である。
スーパーバイザーは、多種多様な情報分析をして、店舗への運営にかんする助言や指導を行ってくれる。

他にも、「フランチャイズ経営士」と云う資格取得に対する講座等、が大展開されており、フランチャイズに対する意識を高める活動が熱心に取り組まれている。
日本フランチャイズチェーン協会から、フランチャイズのスペシャリストとなる情報を仕入れてみてはどうだろうか。



カテゴリ
タグ