お探しの情報は見つかりましたか?

ラーメン業界は途方もなく競争が激しく、熱い市場である。
昔から、飲食業界では「粉屋(麺類の職種)は儲かる」と云われてきた。
ラーメンは安い原価で商売をする事が出きる。
ラーメンの粗収益(売上から売上原価を差し引いた利益)は高い為、当たれば大幅に儲かる。

コンビニにとって、フランチャイズは一つの方程式であるためす。

そうなると、当然ながらインフラの整備、マニュアル化が徹底されている。
経営方針から掃除の仕方まで、店を経営する上で実践する活動の殆どがマニュアルに拠って定められている為、自身で一から作成する必要がないのである。
よって、独立起業を実践する上では1番簡単で気楽に実行出きるフランチャイズと云えるだろう。

契約上で収益予測が本部の義務に為ってるケースの場合や、本部が売上と収益を保証しているのであれば、本部側に責任が有る。
しかしながら、フランチャイズの加盟店は本部とは別の、独立した事業者であると云う認識は失念してはいけない。
契約上で経営指導を受ける権利があっても、経営の責任は自己責任であると云う事である。
契約の内容をガッツリと把握する事が肝心である。

また、コーヒー店のフランチャイズは≪スターバックス≫以外にも沢山有る。
メインの例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェ等である。



カテゴリ
タグ