お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズシステムは、フランチャイズチェーンを実践する事業者(フランチャイザー)と、フランチャイザーに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を実践する。
フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、これ以外の標識の使用を認める。
フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導し、フランチャイジーはフランチャイザーに対価としてロイヤルティ等の契約金を支出す。

フランチャイズシステムのフランチャイザーにとっての長所は、直営店を開設するよりも多くはない資金で店舗数の拡大をするのが可能な事と、優秀な人材を短期間で集めるのが可能な事である。
店舗の出店に必要な資金を加盟店に払わせる事ができ、事業拡大資金の節約に成る。
従業員の雇用もオーナーに任せる事ができ、時間とコストの削減に成る。
投下資金も短期間で回収出きると云う長所が有る。

フランチャイズ加盟店は、直営店とはちがい、本部とは別の事業者として独立した経営体である。
フランチャイズ加盟店となっても、自営業者である。
経営能力と主体性は必要である。
フランチャイズ加盟は事業の成就を保障するものじゃないのだ。
事業者本部も、経営に適した人を充分な審査のうえで加盟させる責任が有る。

また、ラーメン店にとっての懸念材料は、競合店との兼ね合いものである。
競合店との差別化もはからなくてはならない。
開業までにするべき事はたくさん有る。
これらの開業から実務に至るまでのプロセスと、開業後の経営も、フランチャイズチェーンに加盟する事で効率的に実践する事が出きる。
落ち着いた経営をする為には、経営を学習し、フランチャイザーのブランド力とマーケティング力をフル活用する事である。



カテゴリ
タグ