お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

フランチャイズビジネスの課題としては、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示である。
フランチャイザーの経営状況や契約条件をフランチャイジーに情報開示する事が法律で義務づけられている。
現実には、解説責任を果たしていないフランチャイザーも実在する。
経営指導を充分に実践しないフランチャイザーも実在する。
フランチャイザーを選定する時には、フランチャイズ契約の解説を充分に受け、充分に把握した上で選定するようにしよう。

加盟金の返還は、いずれのフランチャイズチェーンも返還しない事で合致しているようである。
しかしながら、加盟金の返還を巡る争いは決して少なくはないのだ。
裁判に為ってるケースも有る。
加盟金の金額が妥当かどうかは、なかなかどうして決断にむずかしいところが有る。
加盟店になろうとする側がどのような価値観で本部を選択するかと云う事に委ねれる。
高い加盟金を支出したとしても、加盟店側が充分に本部からの恩恵を受ける事ができ、それで承知しているのであれば妥当と云えるのだろう。



カテゴリ
タグ