お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズビジネスをはじめて、自身の店を持ちたい!と云う夢を抱いている人もいる事だろう。
タダでは店は所有できないから、それなりの資金を用意してからビジネス開始となる。
せっかく貯めた資金をムダしてしまわないように、フランチャイズチェーンの本部選びは冷静に行ないたいものである。

つまり、ウチと全く同じ店を出しても良いし、援助もするから、その代わり売り上げの一部を支出して欲しい、と云うシステムである。

これは本部-支部の上下関係とはちがい、共同事業である為、そこに公的な上下関係はないのだ。
更に、共同経営でもない為、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はおのおの独立した店であると云う事に成る。
ここが大きなポイントである。

そして、自身が運営したい業種、会社があれば、そこに絞り込んで検索する事で、更に見つけやすくなる。
例を挙げると≪フランチャイズ 資料 カフェ≫と打って検索すれば、フランチャイズを募集しているカフェの資料請求ページがすぐに羅列される為、後は覗いてみて自身が熱望しているような店かどうかを確認するのみである。

事業者側にとっては、多くはない資金と労力で事業を拡大する事が出きる。
顕著な例は、コンビニエンスストアである。
コンビニエンスストアは、フランチャイズ方式に拠って、全国に店舗を増やした。
加盟店になろうとする方にとっては、未知の領域でも、事業者本部からのノウハウの指導がある為、経営を簡単にマスター出きるしくみに為っていて、自力での開業よりも効率的に成る。
事業経験のない方にとっては、開業までのプロセスと其の後の経営も指導してもらえる事で、事業危険度が低くなる。



カテゴリ
タグ