お探しの情報は見つかりましたか?

日本でフランチャイズビジネスを繰り広げている会社が、フランチャイズシステムの健全な発展を図る目的の元に「社団法人日本フランチャイズチェーン協会」を設立した。
この日本フランチャイズチェーン協会が設立して30年以上が経つと云うから、なかなかどうしての歴史をもった協会である。
この協会ではフランチャイズに向けた多種多様な活動をしている。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの任務は、3つ有る。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をする事である。
二つ目は、製品の発注をしたり、店の販売促進を実践する事である。
三つ目は、売上と経費の管理である。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修が有る。

また、フランチャイズ契約書は、事業者として、本部と契約を交わすものである。
事業者と事業者の間で結ばれた契約と云う事に成るから、消費者としての保護の扱いは一切合財ないのだ。
要するに、一旦契約書を交わしてしまったら、例え明くる日であろうが契約解除をしたいとおもっても「クーリングオフ制度」のようなものは無い為、取り返しがつかない。

他にも、「フランチャイズ経営士」と云う資格取得に対する講座等、が大展開されており、フランチャイズに対する意識を高める活動が熱心に取り組まれている。
日本フランチャイズチェーン協会から、フランチャイズのスペシャリストとなる情報を仕入れてみてはどうだろうか。



カテゴリ
タグ