お探しの情報は見つかりましたか?

日本でフランチャイズビジネスを繰り広げている会社が、フランチャイズシステムの健全な発展を図る目的の元に「社団法人日本フランチャイズチェーン協会」を設立した。
この日本フランチャイズチェーン協会が設立して30年以上が経つと云うから、なかなかどうしての歴史をもった協会である。
この協会ではフランチャイズに向けた多種多様な活動をしている。

フランチャイズビジネスの業種は多種多様にわたり、代表的なところではコンビニエンスストア等の小売業、ラーメン店、ファーストフード等の外食産業、不動産業、等が有る。
社団法人日本フランチャイズチェーン協会と云うフランチャイズビジネスの健全な発展を目的とした組織も実在している。

フランチャイズの業種を決定したら、候補の本部を何種類か選ぶ。
フランチャイズ本部を選択するのにはポイントが有る。
フランチャイズ本部への評価は、客観的に総合的に決断する事が重要である。
自身のもってるブランドイメージだけで決定させるのは良くないのだ。
ビジネスとして魅力があるか、加盟店の収益はどれくらいあるか、企業として信用性があるか等である。

日本に居住している人ならば、飲食店に足を運ぶ事は少なくないとおもわれる。
その選択肢の中に、どこかしらのチェーン店が入ってる可能性も高いとおもう。
家族と、恋人と、友達と、もしくは1人でその店をやってきた何気ない経験が、独立起業のための大きな決断材料となる。
これが飲食店のフランチャイズであるためす。



カテゴリ
タグ