お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズを行ってる業者が1番おおく、適切活用されているのは、コンビニエンスストアだと云われている。
現実、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、am/pm、ポプラ、デイリーヤマザキと云ったコンビニの大手は殆どがフランチャイズ大展開を行っており、各地方に募集を行ってる。

まず初めに断っておくが、フランチャイズのロイヤルティは均一じゃないのだ。
業界、会社、そして契約内容及びプランに拠って多種多様である。
である為、確実に何%と云う確実な記述は出きない。

勿論、相場と云うものは実在する。
その相場よりも大幅に下回ってるケースの場合は、契約を考え直したほうが良いのかも知れない。

フランチャイズ加盟店は、直営店とはちがい、本部とは別の事業者として独立した経営体である。
フランチャイズ加盟店となっても、自営業者である。
経営能力と主体性は必要である。
フランチャイズ加盟は事業の成就を保障するものじゃないのだ。
事業者本部も、経営に適した人を充分な審査のうえで加盟させる責任が有る。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



カテゴリ
タグ