お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズの契約を連結したケースの場合、ロイヤルティとして業績の一部をフランチャイズ本部に支出する必要が有る。
この額どうでは、フランチャイズが本当に儲かるのか? と云う疑惑が沸いて来るだろう。
では、現実にフランチャイズのロイヤルティはどのレベルなのか、と云う事にかんしてご解説する。

把握できやすく云うと、Aと云う地域にある★×と云う店を、Xと云う人がBと云う地域で自身たちも★×と同じ店を経営したいと云うケースの場合、★×の代表に契約を持ちかけ、★×の店の名称や経営方法、製品等を使わせて貰って全く同じような店を経営しても良いよ、その代わりお金を払ってね、と云う契約を交わす事である。

加盟金は事業本部に拠って、途方もなくのばらつきが在り、その決定方法は一定していないと云える。
1970年以前に成立した日本式フランチャイズの加盟金は極めて低い風潮に在り、2000年前後に加盟を開始したフランチャイズの加盟金は高い風潮に有る。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数がおおく、製品を落ち着いて仕入れる事が出きる。

ローソンでは全国各地で経営者解説会を開催している為、まず解説会に参加して、フランチャイズシステムの概要解説を受けよう。



カテゴリ
タグ