お探しの情報は見つかりましたか?

独立して自身の店を持ちたい!と云う夢を抱いている方の中には、「カフェ」経営が熱望と云う方も居る事だろう。
近頃では、街のあちこちでカフェ店を見掛けるように成った。
その中のおおくは、個人経営の店よりも、カフェフランチャイズの種類と云ったところだろうか。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの任務は、3つ有る。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をする事である。
二つ目は、製品の発注をしたり、店の販売促進を実践する事である。
三つ目は、売上と経費の管理である。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修が有る。

加盟金は事業本部に拠って、途方もなくのばらつきが在り、その決定方法は一定していないと云える。
1970年以前に成立した日本式フランチャイズの加盟金は極めて低い風潮に在り、2000年前後に加盟を開始したフランチャイズの加盟金は高い風潮に有る。

点検項目としては、
・魅力を実感する会社である
・独自性が在り、競合他社との差別化が出きている
・革新性がある
・世の中で受け入れられている業種である
・これからの成長が見込める
・既存店の現実の売上が良い
・本部社員のマナーが良く信用出きる
等が挙げれる。

本部を選択したら、本部にアプローチをして、面接や審査を受ける事に成る。
以降のプロセスとしては、加盟店訪問、物件取得・立地調査、事業計画書作成等の手順になり、契約を交わする。
契約を交わしたら、研修を受け、店舗の内装工事とオープン準備をし、そして、晴れてオープンとなる。



カテゴリ
タグ