お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズとして仕事をはじめる為には、事前に解説会に足を運び、本部から充分な解説を受ける事が肝心である。
そして、それで充分な承知が得られたならば、契約書を交わして、加盟店として正式に仕事が開始する。

フランチャイズ加盟の短所は、ロイヤルティの支払い義務が常にある事で、売上を全部自身のものには出きない事である。
本部と同一のイメージで事業をする為、独自の試行錯誤がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってくるのだ。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなる。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となる。

ローソンでは本部と店舗を連結する情報管理システムが在り、店舗運営に必要な情報を店舗に提供する事で万全のフォロー体制をとってる。
会計業務は本部が実践する為、店舗オーナーは経営に専念する事が出きる。
スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の実在もつよい味方である。
スーパーバイザーは、多種多様な情報分析をして、店舗への運営にかんする助言や指導を行ってくれる。

フランチャイズ契約書を交わす際には、内容を充分に詠み、把握して、不明におもう部分があれば、本部にキッチリと承知が足を運ぶまで解説を受ける必要が有る。
もし懸念におもう部分があるのであれば、専門家が対話に応じてくれる為、その様な人の力を借りるのも良いかも知れない。



カテゴリ
タグ