お探しの情報は見つかりましたか?

近年、カフェのフランチャイズ募集がたびたび実行されている。
殊更にネットカフェのフランチャイズにかんしては人気も高く、我こそはと名乗りでる人が途方もなくおおく出現しているようである。

現状、マンガ喫茶やネットカフェのサービス要素を多様に取り込んだ≪複合カフェ≫が途方もなくの人気を集めている。
そう云った背景も在り、殊更にインターネットの使用できる複合カフェには相当のお客が入っており、そう云った店が大展開規模を拡大させる為にフランチャイズを活用しているわけである。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの任務は、3つ有る。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をする事である。
二つ目は、製品の発注をしたり、店の販売促進を実践する事である。
三つ目は、売上と経費の管理である。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修が有る。

飲食店のフランチャイズは、途方もなく相当の店が行ってる。
例を挙げると、ガスト、ジョナサン、ジョイフル、デニーズ、ロイヤルホスト、驚嘆ドンキー、カレーハウスCoCo壱番屋、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、モスバーガー、ほっかほっか亭・・・・・・・・・・・・挙げていたらキリがないのだ。
つまり、全国にチェーン繰り広げているメインの飲食店は殆どフランチャイズチェーン大展開を行ってるのである。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



カテゴリ
タグ