お探しの情報は見つかりましたか?

独立起業を目指す人達にとって、フランチャイズはまさに理想の経営形態と云えるだろう。
フランチャイズで一旗上げたい、と云う方は途方もなく大勢居るのじゃないだろうか。
そのような方たちにとって、フランチャイズはどのようなものなのか、どのようなフランチャイズがあるのか、どうすれば申し込めるのか、等と云った疑惑はつきものである。
そう云った方たちの為に、フランチャイズの資料を入手する方法をお教えする。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

一見、本店と支店の関係では? と思われがちであるが、支店(レギュラーチェーン)が同一の会社が自社で店舗を開設していくのに対し、フランチャイズチェーンは完璧な独立採算の店として開設する。

つまり、フランチャイズとは、本部の傘下ではなく、契約に基づいた共同事業を実践すると云う事であるためす。

フランチャイズチェーンの加盟店に成るにはフランチャイズシステムへの把握と同時に、経営知識も必要である。
疑う余地もなく、フランチャイザーからのサポートを受けられ、経営の経験がない方でも事業をはじめる事は出きるが、独立した事業者であると云う認識が必要である。
フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であって、経営の自己責任が有る。



カテゴリ
タグ